Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1995/96JFL 東芝対福島

1995.10.23(月) 18:30 晴 江戸川
観客 390人 主審 唐木田徹

 東芝 2(1ー0)0 福島
     (1ー0)

 得点 43分 東芝・パベル
    77分 東芝・加藤

「加藤とパベルの日(^^;」
今日は試合開始ぎりぎりにスタジアムに入ったんですが、バックのアウェイ側に、福島のサポーターが大挙(といっても、20人くらいかな? でもJFLじゃ、多いよね)詰めかけていたのに、びっくり。例によってだけど、東芝の方が、どう見ても人数が少ない(^^;

試合の方は、双方とも、荒れたグランドに苦しめられていたような気がします。とにかく、ボールがスムーズに転がらず、跳ねながら転がっていくので、ドリブルにしろ、パスにしろ、難しそうな感じ。調子のいい時には、パスをつなぐサッカーをする東芝には不利か(ちょうど、海老名の西濃戦が、そんな感じだったんですが)と思ったんですが、福島も、東芝と割りと似たような持ち味のようで、やっぱり、同じように苦しんでいたように思えました。もう少しでこぼこのないグランドで、試合をさせたかったな。それなら、もっと緻密な好ゲームになったかもしれない。

実際は、グランドの問題で、ボールの行方がいまいち安定しないこともあって、ミスが多発する、泥試合的な展開でした。加藤と川合のツートップでしたけど、加藤は相変わらず、絶好調と呼んでもいいような動きを見せており、よく走ってました。ただ、DFの裏に飛び出して球を持っても、グランドコンディションの悪さが響き、球をうまくキープしきれず、ゴールに結びつけられない。
一方の川合は、相変わらずの出来(^^; 最近、動きそのものは、そんなに悪くないと思えるのだけど、体格の割りに競り合いに弱すぎるし、パスの強弱・精度に難がありすぎるし、決定力がないし…(^^;、やー、やっぱり、褒められん。
あと、全体的に、完全にヒットしてない、ヘロヘロなシュートが多かったのだけど、これも、足場が定まらないせいだったのかなあ。
前半は、ほぼ互角と、僕は思いましたけど、決定的なチャンスは福島の方が多かったかもしれません。しかし福島も、フィニッシュが、いまいち不正確で、決められない。福島のツートップ、亀田と郭は、かなりしっかりした体格の割りに、動きに切れがなく、迫力不足という感じでした。

で、球が激しく行き交う展開だったので、見ていてつまらなくはなかったのですが、ちょっと内容は…?、という雰囲気になって、前半が終ろうかとする、まさにその時、加藤が右サイドをボールを持って、スルスルと抜け出し、ペナルティエリアの中へ。福島の、ただひとり残っていたDFが、たまらず、加藤を倒してしまい、PK!
(DFは松島だったような気がするんだけど、自信なし) 東芝のキッカーは、パベル。しかし、今日は、ここまで、双方がシュートをボロボロ外す展開だったので、流れから行くと、これも外すんじゃないかなあ、と思って見てました。案の定、パベルのPKを、福島GK菊池が弾き、やっぱり(-_-;)、と思った次の瞬間、弾かれたボールを、パベルが落ち着いてヘッドで押し込み、東芝先制!

後半も、そんなに雰囲気が変った訳じゃなかったですが、流れは東芝に傾いていた気がします。福島は、前半はやや後ろ気味の位置から攻撃を作っていた瀬川が、上がり目になって、やや積極的な攻撃を展開しようとしましたが、なかなか、そこまできれいな形で球がつながらず、いい動きをしていた瀬川が孤立気味になってました。一方の東芝は、加藤の運動量が落ちず、再三、うまい抜け出しでゴールに迫りますが、こちらは川合や新明の妨害(^^;に遭って、うまく決まらない。終盤の失点が、東芝のお馴染みのパターンなので、1点差じゃ、いやだなあ、と思ってました。
しかし、後半33分頃、右サイドの加藤へボールが出て、加藤が切れ込んでシュート。キーパーが弾き、DFが何人も詰めて来る中、加藤は巧みに飛び込み、ボールを拾って再度シュート。今度は決まって、スコアを2-0とします。
その後、福島もチャンスはあったものの、決めることができないまま、試合終了。珍しい(^^;東芝の完封試合となりました。

途中出場した千葉が、荒れたグランドのため、持ち前のフェイントを生かせず、逆にボール取られて焦って相手選手を倒してしまい、イエローを貰ってました。ちと、気の毒だった。久々に出場を見た村田達は、守備的で、あんまり攻撃参加してなかったのが意外。その分、足立がけっこう、意欲的に動いてましたけど。中盤で右サイドから左サイドへドリブルで抜けて、さらにゴール前まで切れ込んで行ったプレーは圧巻だった。フィニッシュが伴わなかったけどね(^^;

あっ、パベルのことを、あんまり書いてないや(^^;
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sittingontopofworld.blog40.fc2.com/tb.php/2-6a09c4ca

[JFL]東芝-福島FC(1995.10.23)

東芝 2-0 福島FC 得点:1-0 前半43分 パベル    2-0 後半32分 加藤剛 日時:1995年10月23日 18:30 会場:東京・江戸川区陸上競技場 観衆:390人 MC:梶原由紀夫 主審:唐木田徹 線審:片桐正広、山崎正広 予備:山中正男 東芝:茶木、川村、後藤、油、足立、パベ

«  | HOME |  »

2017-11

  • «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »

プロフィール

 

wrightsville

Author:wrightsville
当面、掘り出した昔の文章とか古いデータとかを置いていく予定。そういう趣旨なので、一度書き込んだ内容も、情報の確認結果などに応じて、随時、修正を行う場合があります。
なお、あまりまめなアクセスはしていないので、御承知置き下さい。
(2006.1.29)

 

最近の記事

最近のコメント

 

 

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

 

 

RSSフィード

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。